PCOS 多嚢胞性卵胞|不妊鍼や女性疾患ケアなど女性専門の『みやび鍼灸院』新宿駅徒歩8分

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

PCOS 多嚢胞性卵胞

ブログ 2016年05月27日

pco

※卵巣の構造や働きは動画で表示されます、ご覧ください。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

毎月、生理が終わると卵巣から次の周期に排卵する卵の準備が始まります。

pcos(多嚢胞性卵巣症候群)の方の9割に排卵障害があると言われており、排卵障害がある方の2~4割の方がpcosと言われているそうです。

 

通常1個の卵胞が成長するのですが、何らかの原因で卵胞がたくさん育ち排卵しずらくなる状態をいいます。

卵巣の中に沢山の卵胞が見える事から「ネックレスサイン」といわれています。

 

PCOSでみられる主な症状は、月経異常(無月経・希発月経・無排卵周期症のいずれか)、多嚢胞卵巣(超音波所見)血中男性ホルモン高値、LH基礎値高値・FSH基礎値は正常、多毛、にきび、声の低音化、肥満 などです。

全てが当てはまるわけではありません。

 

原因はいまだにはっきりしたことはわかっていませんが一つの仮説として、

卵胞の莢膜細胞でアンドロゲン(男性ホルモン)が過剰に産生されることが中心病態であるとされています

このアンドロゲンが肝臓のホルモンを低下させることによって、生理活性を示すエストラジオール(E2)増加し、卵胞発育しない異常な情報を脳に送り続けます。

視床下部でのゴナドトロピン放出ホルモンが増加し、LHが優位顆粒膜細胞の増殖障害となり莢膜細胞が増加します。

アンドロゲン(男性ホルモン)産生を増加させるという悪循環になり、それにより多嚢胞卵巣・月経異常になります。

 

<治療方法>

◆ホルモン治療

・クロミフェン(排卵誘発剤)

これで排卵が起こらなければ糖尿病の薬であるメトホルミンを併用する。

・ゴナドトロピン

飲み薬が無効な場合はより強力な排卵誘発作用を有する注射を使用します。

約70%の排卵率、6週期までに50~60%の確率で妊娠・出産に至ると報告があります。

 

◆手術療法

近年はあまり行っていませんが腹腔鏡手術によって両側の卵巣に小さな穴をあけます。

 

PCOSは血流の悪さや食事でも影響されると言われています。

お腹は冷やさず血液の循環を改善し、甘い物や冷たいものは極力控えるようにしましょう。

 

PCOとインスリン抵抗性

PCOの原因ははっきりと解明はされていませんが、内分泌異常、糖代謝異常が主な原因と考えられています。

 

糖代謝の異常として考えられるのがインスリン抵抗性です。

インスリン抵抗性があると高インスリン血症を引き起こし男性ホルモン作用が強く表れpcoの症状を

もたらし内分泌に異常をきたし排卵障害の原因になると言われています。

甘いものは冷えを生じさせると言いますがこういった点でも妊活の敵になっているようです。

 

インスリン抵抗性とはインスリンが分泌されているにも関わらずインスリンの効果が出ていない状態をいいます。

インスリン抵抗性があると筋肉や肝臓、脂肪組織の糖取り込み能が低下し血液中の糖が下がりにくくなり血糖を正常に戻す為にはより多くのインスリンが必要になってしまいます。

この状態が続くと糖尿病をひきおこします。

 

血糖値を上げない食べ方など話題になっていますがこれも有効です。

GI 値(グラセミックインデックス値)の低いものを選ぶ、白米よりは玄米、うどんよりそば、はちみつよりメープルシロップを選んだり食べる順番をGI値の低いものから食べるようにするなどが大切です。

でも低GIのものは消化に時間がかかりますので暑さで食欲が落ちてる時などは胃の負担になってしまいますのでお気を付け下さい。

 

またインスリンの働きを元気にすると言われているゴーヤ、玉ネギ、菊芋、納豆、などを積極的に摂るのもお勧めです。

玉ねぎは辛み成分が大事なので火を加えずにスライスして生でお召し上がり頂いた方がいいと思います。

 

ミオイノシトール

ミオイノシトールは元々耐糖能異常(糖尿病予備軍)の方、多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)の方、未熟卵が取れやすい方に有効であるとされていました。

最近になりミオイノシトールが卵成熟、胚発生に重要な役割があることが論文で報告されました。

臨床妊娠率上昇、流産率減少、形態良好胚の増加、未熟卵・変性卵率の減少、排卵誘発剤使用総量の減少にも有効であるという結果も出ているようです。

男性不妊にも乏精子症、精子無力症、奇形精子症の方のミトコンドリア機能を改善することができるとも言われています。

 

ミオイノシトールは多くの食品に含まれていて、特に果物、穀物、豆類、ナッツ類に多く含みますがサプリメントでの摂取が有効であるようです。

 

排卵前3ヶ月から栄養、ホルモン、環境、サプリメントなど外から影響を受けやすい時期になるため採卵を考える場合は3ヶ月前からの服用、

耐糖能異常・多嚢胞性卵巣症候群・未熟卵が多い方は採卵周期(生理開始日~採卵前日)での服用したほうが良いと考えられます。

参考にしてみてください。

 

鍼灸治療でも、糖代謝のツボとして、脊中穴、脾兪に良く反応が見られます。

背中のツボは自分ではなかなかできづらいですが、是非お灸して下さいね。

 

妊活と肥満の関係

肥満で妊娠しにくいとはよく聞きますが実際のところはどうなのでしょうか?

最近、気になる記事をまた確認しました。

肥満により脂肪細胞から分泌されるアディポクチンというタンパク質が減少されるようです。

このたんぱく質の減少により卵巣の皮が厚くなって卵子の成長がうまくいかなかったり排卵もしにくそうです。

また肥満と冷え症は無縁のようですが、そんなことはなくかえって血行不良でお尻が冷たかったりお腹が冷たいです。

また不妊症の原因の一つともされている多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になる可能性もあるとされています。

PCOSにより月経不順や無月経。月経過多症状。卵子の成長もままなりません。

卵活のための適度な体重制限や食生活にも心がけましょう!

 

血糖値を抑えてAGE(終末糖化産物)の蓄積しないようにしましょう。

終末糖化産物「AGE」の蓄積が、不妊治療の成績に影響することが明らかに

モリンダ ワールドワイド インク 日本支店は、11月3日~4日にかけて開催された第61回日本生殖医学会学術講演会・総会にて、研究「終末糖化産物(AGEs)の蓄積はARTの治療成績に影響する」について発表した。

との記事をみて、AGEについてしらべてみました!

AGEs(終末糖化産物)は、タンパク質と糖が加熱され反応してできる「老化の原因になる物質」とかんがえられています。

 

不妊症のほかにも肌の老化や脳の老化に伴う認知症、脳梗塞や心筋梗塞などの脳血管障害、白内障、骨粗鬆症などに影響する物質と言われています。

では、AGEsはどのようなものに多く含まれているのでしょうか?

糖とタンパク質に熱を加えたものが主なのですが、特に唐揚げ、フライドポテト、ホットケーキなどに多く含まれています。

摂り込まれたAGEsは、身体の中で分解されるのですが、一部は蓄積します。

また、血糖値が高い状態が長期間続くと、血液中の糖が身体の組織を合成するタンパク質と結合してAGEsが生成されるため、AEGsの蓄積量が増えると考えられています。

 

AGEs(終末糖化産物)を溜めないようにするには・・・

血糖値が上がらないようにしてもらうのがよいので、糖尿病の患者さんと同じような生活をしてもらうのが一番です。

急に血糖値が上がらないように食事については甘いもの(ジュースやお菓子)を避けること。

また、食べる順番によっても血糖値を抑えることができます。サラダやキノコ、海藻類などと食べてから最後にご飯を食べるようにすると九州が抑えられるといわれています。

食後の30分後に軽い運動をすると血糖値の上昇を抑えることができますので、これも有効です。

ストレスにならない程度で気を付けてみてください。

グリスリン

マイタケから中執された天然成分グリスリンはインスリン抵抗性があるPCOSの人にお勧めです。

グリスリンはもともと糖尿病患者のインスリンの機能を高める目的で使用されていました。

インスリン抵抗性の月経不順やPCOSがグリスリンを摂取することによって改善されるのはその作用によるものです。

ページトップへ