不妊・妊活鍼灸が怖いという方にオススメメニュー!|不妊鍼や女性疾患ケアなど女性専門の『みやび鍼灸院』新宿駅徒歩8分

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

不妊・妊活鍼灸が怖いという方にオススメメニュー!

ブログ 2016年02月19日

鍼灸治療が初めての方や不慣れな方の中には、鍼灸治療に対して痛い、熱い、怖いというイメージを持っている方もいるかもしれません。

当院では、いきなり鍼を刺されるのは怖いという方にもおススメの治療をご用意しております。

 

★カッピング(吸玉)治療★

自律神経は子宮に影響し、自律神経の働きで女性の生理周期に合わせて筋肉である子宮を

しなやかに動かすことで生理、妊娠、出産などに対応します。

 

そして、自律神経を乱す原因の一つにストレスがありますが、

ストレスを解消してリラックスする時間を取るのが重要であると理解しながらも

忙しい日々ではなかなかそれができないと思う方も多いのではないでしょうか。

 

時間がない…そんな時にはダイレクトに自律神経を刺激する方法もあります!

鍼灸治療を受けることでも自律神経を調整させる作用がありますが、

実はカッピングも効果があります。

 

カッピングは体の老廃物を取り除く血液浄化作用、

血行促進で内臓の働きを活性化、肩こり・腰痛などの筋肉疲労解消、老化防止など

全身に及ぶ作用がありますが

神経が通る首から腰まで背骨に沿って吸圧することで自律神経を刺激して

神経の緊張を解きほぐしてリラックスさせる作用があります。

また自律神経を調整することでその支配下にある子宮にも良い影響があります。

 

また、カッピング治療は”瘀血”という状態の改善にも効果があります。

瘀血とは血液が停滞し血栓を生じて沈着、身体各部に諸症状を引き起こしているのです。

 

以下、当てはまる症状はいくつありますか?

 

☑頭痛や肩こり、腰痛

☑手足の冷え、腰部の冷え

☑消化不良、便秘

☑月経の問題(無月経、月経痛、筋腫・内膜症など)

☑血色が悪い(口元や目の周りなど)

☑皮膚の症状

 

以上の症状は ” 瘀血 ”という状態になっている時に身体に現れてくるものです。

月経の異常や,過去にうけた手術の痕やケガによりできた傷の部分などにも沈着しやすくなります。

 

瘀血があると下腹部に毒素が溜まり、新しい血液が運び込まれず新鮮な栄養やホルモンがもらえなくなり、

この状態が長期的になってくると身体を守っている免疫系にも影響を及ぼし体調を崩しやすくなります。

妊活ではお腹周りは特に大切な部分になってきます。

下腹部に毒素が溜まっていると子宮の動きが衰えてしまい着床するまでの働きをさぼってしまいます!

常に子宮や卵巣が働き良い状態でいる為には瘀血を改善しなければなりません。

 

ストレスがあるけどなかなか体を休ませる時間がない…血液の停滞が気になる…という方は

この機会に受けてみてはどうでしょうか。

 

★トムソンベッド★

トムソンベッドは治療(矯正)の為に脊柱や骨盤に高速かつ低振幅の動きを個人差なく与えることができるベッドです。

こちらでは骨盤調整に使用しています。

骨盤はおおきく寛骨、仙骨、尾骨から構成され寛骨では腸骨、恥骨、坐骨にわかれます。

仙骨は、上半身を支える働きがあり腸骨の骨髄では、人体の血液の半分を作っていると言われています。

 

トムソンベッドを簡単に説明すると、慣性の法則(止まっている物体に力を加えなければ、そのまま止まり続けます。動き続けている物体に、力を加えなければ、そのまま動き続けること)を利用したベッドを使用して、患者さんの体重とドロップメカニズム(落とすこと)によって最小限の力で最も安全に脊椎及び骨盤、四肢、顎関節などを矯正するベッドです。
患者さんご自身の体重にドロップメカニズムを加えることで骨盤が矯正され1回の施術で
両足の長さが整い、骨盤の高さが正しい位置に戻り、お腹から通っている血流をつまることなく
全身にいきわたすことができます。

そうすることによって女性ホルモンが整うとともに
子宮にも血流が多く流れ込み身体がポカポカ温まってきます。

 

女性はちょっとした体調の変化でホルモンバランスが崩れ生理が止まってしまうことが
少なくありません。何故か。それは生殖器という臓器は生命維持に関係がなく
体内で最もダメージを受けやすい場所であるからです。
栄養不足や血流悪化による冷え、疲労やストレスなどの影響を真っ先に受けるのが生殖器なのです。

その中でも冷えは卵巣機能やホルモンバランスに悪影響を与えます。

低体温や冷え症の女性は少なくありません。

 

通常ホルモンは血流で運ばれ、子宮までに到達して働きます。
身体が冷えると血流や新陳代謝が悪くなり機能が落ちてしまいます。
子宮に血流を流している大きな血管を腹部大動脈(ふくぶだいどうみゃく)といい
そこから枝分かれをし栄養をもらっています。

言葉通り心臓からお腹、足にまでにいきわったているのでお腹がへこんでいる人や硬い人、冷たく白い人、骨盤が歪んでいる人や足がむくんでいる人は上手く血流がまわっていないことが考えられます。
改善方法としては、お腹のへこみや冷えは鍼灸治療で全身を整えお灸を続け体質改善をはかるのが
効果的ですが、お腹の硬さや骨盤の歪み、足のむくみなどにはトムソンベッドが効きます。

実際にトムソンベッドを行い着床した方も多くみられます。

 

骨盤を整えよりよい身体づくりをしていきましょう!

是非一度お試しください。

 

 

★妊活マッサージ★

みやび鍼灸院ではオプションとして妊活マッサージというメニューがあります。

最近いらっしゃる妊活の皆様の首凝り、肩こり、肩甲骨のはり、腰のこわばり。

一生懸命に働いて、緊張して、縮こまってる日々ですから。

ガチガチ、こりこりでは良質な卵子も出来上がれませんし、赤ちゃんの為のフカフカなベッドは作れませんよね。

 

妊活のマッサージには2つ種類があります。

ひとつはアロママッサージ。そして筋膜をほぐすマッサージ。

それぞれにご自分のお好みでチョイスして頂ければと思います。

アロマで心身ともに癒されるか、筋膜をがっつりほぐして全身軽やかになって帰られるか。

共に血流アップで妊活です。

 

 

★体操法・ストレッチ★

1.背骨のゆがみとりストレッチ

①あおむけになり、両膝を軽く開いて立てる。

この時首がまっすぐか確認して下さい!

②反動をつけずに、手で腰を支えながら腰を持ち上げ、足を頭のほうへ持っていく。

このまま20秒キープしたら腰を下ろして脱力。

 

背骨が伸びることで自律神経が整いよりよい睡眠をとることができます。

暑い日が続きクーラーが手放せず夜中に何度も起きてしまったり、

起床時体が重だるくなってしまう方などにおすすめです。

 

また、自律神経を整えることで体の負担が減りリラックスした状態がつくれ、お腹も柔らかくなります。

お腹が柔らかくなると血流量が増え着床しやすい状態になります。

毎日寝る前に行ってみてください。

 

 

2.妊娠中、成熟期(28~35週)に行う体操法

赤ちゃんは下に向き始める頃です。お母さんはお腹が急に大きくなってきて張りを感じやすくなってきたり、腰痛や脚のむくみなども起こりやすくなります。

おなかの中で赤ちゃんが回りやすいよう重力を利用しておなかの緊張ゆっくりとほぐします。

 

①四つん這いの姿勢になって、手と膝は肩幅に広げます。このとき、両脚に膝下が平行になるようにします。

(顔は前を向き、腰はまっすぐに伸ばします)

②腰を曲げないよう気を付けながら体全体をゆっくりと左右に5回動かします。

③体全体をゆっくりと前後に5回動かします。

(体ごと前後左右にゆらゆらと揺らしましょう)

 

注意事項

・腰が反ったり、顔が下を向かないようにしましょう。

 

*バストの基底部がくっつくことによる、産後の乳腺炎予防にも効果的です。

*逆子の場合、このストレッチのあとに逆子体操を行います。

 

 

★耳つぼ・耳マッサージ★

1.耳マッサージ

気圧や天候の変化で体調が崩れてしまったと感じているかたは多くいらっしゃると思います。

これは、耳の奥にある「内耳」が気圧を感じとることによってセンサーが反応し症状がでていると考えられています。

しかし、あることをするだけで内耳の血流が良くなり気圧の変化による頭痛やめまいなどの不調の予防や改善が期待できます。

 

そのあるととは…「耳マッサージ」です!

1、耳たぶを真ん中から外に向かってやや強めに引っぱって行きます。

2、前側にたたみます

3、上下にたたみます

4、耳の上部や下部をつまんで下や後ろ側へねじってみます

5、5本の指を立てて指の腹で耳のまわりを押さえ、ゆっくりマッサージをするように円を描き反対回しもします。

 

これを行うことで頭痛・肩こり・疲れ目・耳鳴りの緩和・顔のむくみ改善・頭部の血行改善などの症状の予防、改善をすることができます。

この時期は気温差や台風、疲れなどが出やすく風邪やインフルエンザなどの感染症なども流行ってきますね。耳ツボにはホルモンバランスを整えるツボや免疫をあげるツボ、胃腸の働きを整えるツボなどたくさん存在しています。お風呂で温まりながらマッサージを行うと副交感神経も高まりリラックスしストレス解消になります。また、耳の周りには頭の筋肉やリンパ節などが密集しています。歯の食いしばりや吹出物が増えてきたなんて人にも効果的です。

 

ご自身でマッサージを行えるようになってくると部分的に耳の硬さが取れなかったり、耳にできものができている、マッサージをしていてもなかなか改善してこないななど耳の変化がわかるようになってきます。そんなときには次の耳つぼジュエリーなどで刺激をし改善をはかる方法もあります。

 

 

2.耳つぼジュエリー

耳つぼって聞いたことありますか?

皆さんも「耳つぼダイエット」は聞いた事があるのではないでしょうか?

体にはたくさんのツボがあることは皆さんもご存知だと思いますが耳にもツボがあるんです。

耳全体をマッサージする事は全身をマッサージするのと同じと言われています。

耳には脳と直接つながる迷走神経が走行しています。この迷走神経は胃や腸にも走行していることから

耳の刺激が内臓にも影響を与えるのではと言われています。

なんだか効きそうな感じがしますよね。

 

なのでダイエットだけではなく、美容や生理痛、つわりにも効果があるツボもあります。

肩こりや腰痛にも効くんですよ

 

耳ツボジュエリーは鍼とは違いシールの裏側にチタンが付いており貼っておくだけで刺激を与えてくれます。痛みが少なくもちがいいので当院でも人気メニューとなっています。是非こちらもお試しくださいね。

耳ツボジュエリーはツボの刺激をするだけでなくおしゃれ気分も盛り上げてくれます。

ウキウキワクワクする事は女性ホルモンには大事なことです。

気分を上げてホルモン値も上げていきましょう。

 

★火を使わないお灸★

通勤の時間や座ってお仕事をしていると、

足先がとても冷たくなっていたり、

腰が痛くなったり...そんな事が思い当たる方も多いのではないでしょうか。

 

冷えないように長めの靴下や厚手の洋服で

調節したりすることはもちろん必要な事ですが、

それでも身体は冷えてしまいます。

 

身体を温めるのにお灸はとても効果的ですが、火をつけるお灸が怖い方におススメなのが火を使わないお灸「せんねん灸 太陽」「せんねん灸 世界」です。

火を使わないので貼ったまま使えますし、臭いもありません。
火を使うタイプが苦手な方や、仕事しながら。または旅行先などシーンを問わず
使用できます。

こちらは当院受付、またはインターネットからもご注文いただけます。

せんねん灸 世界(上写真左)

せんねん灸 太陽(上写真右)

 

img_0220

 

 

 

 

 

 

せんねん灸 世界(上写真左)

せんねん灸 太陽(上写真右)

 

img_0238

 

 

 

 

 

 

せんねん灸「太陽」

サイズが小さいのでピンポイントにつぼに

温められます。

写真つぼ:三陰交

 

img_0248

 

 

 

 

 

 

せんねん灸「世界」

面積が広いので腰など広いところを

温めるのにお勧めします。

img_0256

 

 

 

 

 

 

カイロのようにみえますが

カイロは表面的に皮膚をあたため温度も高いので

子宮や卵巣を温まりすぎてしまうので熱に弱い受精卵には

あまりよくありません。

せんねん灸 太陽・世界にはもぐさシートが入っており

もぐさの成分が免疫をアップさせて平均40~50℃と

お風呂ぐらいの丁度よい温度で温めてくれます。

他にもお肌にやさしい和紙が余分な水分を取り除き汗で

冷えるのを防いでくれます。

 

また、火を使わないお灸は自分ではお灸のできないおへそ・腰・肩 

絶対に冷やしたくない足首など。

お洋服を着ていてもお灸が出来る!!のでぜひご利用ください。

 

火を使用しませんが発熱剤やもぐさシートが含まれており、温熱効果が期待されます。

温熱効果には

・疲労回復

・血行をよくする

・筋肉の疲労・コリを取り除く

・神経痛・筋肉痛の痛みの緩和

・胃腸の働きを活発にする

などがあげられます。

 

お灸のやり方がわからない!忙しくてお灸の時間がとれない!火を使用するのが怖い!と思っている方には

火を使わないお灸がおススメです。火を使わずシールタイプになっているので気になる場所に貼るだけで効果があり、

3~4時間温かさが続くので忙しい方も貼り付けたままでお灸ができます。

普段使用しておるお灸とは違い煙がでません。

直接肌に使用、服の上からなど火を使用していないので”ながらお灸”をすることができます。

しかし、火を使用しないため心地よい温かさのまま長時間使用してしまうと低温やけどを引き起こしてしまう可能性があります。

使用上の注意を必ず目を通しご使用ください。

また、火を使わないお灸はなかなか温熱を感じないツボをじっくり温めたい場合にもおすすめです。

代謝を良くして回復力を上げる、免疫力を上げるのに、お家でもできるセルフケアですよ。

ページトップへ