妊娠前から気を付けてもらいたいこと|不妊鍼や女性疾患ケアなど女性専門の『みやび鍼灸院』新宿駅徒歩8分

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

妊娠前に検査を!

ブログ 2018年10月03日

風疹

 

風疹は発熱、発疹が症状で感染力は弱く重い病気ではないのですが妊婦、妊娠20週頃までの(特に12週頃まで)女性が風疹にかかると

胎児がウイルスに感染して先天性風疹症候群という産まれた赤ちゃんが難聴、心疾患、白内障、精神・肉体的発達の遅れなどの障害を持つ可能性が

高いことが認められています。

そのため、日本では風疹の予防接種が推奨されています。

以前(現在の40歳頃まで)は女子は中学生の頃に集団予防接種で1回受けていますがその後男子も含めて個別接種となったため

受けていない方も多く、女性では20代~30代、男性は20代〜50代で風疹にかかり流行しています。

 

風疹抗体価の検査は不妊の検査、妊娠初期に検査される項目の一つであるので不妊治療している方は検査済みであると考えられますが

まだ妊娠を望むけれど不妊治療をしていない方はまずは医療機関で風疹抗体価を検査することをおすすめします。

東京都や埼玉県では自治体により無料で抗体の検査を受けることができます。

 

予防接種をしたかどうかが不明、充分な抗体があるかどうかも不明だけど検査する時間もないという方は

手っ取り早く予防接種を受けるという方法もあります。

もし過去に予防接種をしていたとしても、より風疹に対する免疫力が上がるので副作用などはないようです。

ただ、予防接種後は2ヶ月は妊活ができないそうなので、その辺りを考慮して計画してください。

妊娠するのは女性ですが、パートナーが風疹を持ち込んでうつるといけないので男性も予防接種をする必要があります。

麻疹

最近ニュースで取り上げられている「 麻疹」。

日本では、はしかと呼ばれますが、どのような病気かご存知ですか?

 

麻疹は”麻疹ウイルス”による感染症であり、人から人へ空気、飛沫、接触など様々な経路で感染します。

感染力は強く、インフルエンザの5倍以上ともいわれています。

 

感染後10~12日間の潜伏期間を経て、発熱や咳などの症状で発症します。

 

「 カタル期 」

最も他者への感染力が強い期間になります。

38℃前後の発熱が2~4日間続き、風邪様症状(発熱、倦怠感、上気道炎症状)

結膜炎症状が次第に強くなります。

乳幼児では機嫌が悪い、消化器症状では下痢、腹痛を伴うこともみられます。

発疹が現われる1~2日前ごろに口のなかの頬の裏側にやや隆起した

1mm程度の小さな白色の小さな斑点(コプリック班)が出現します。

斑点(コプリック班)は麻疹に特徴的な症状ですが、発疹出現後2日目を過ぎる頃までに消えてしまいます。

また、口腔粘膜は発赤し、口蓋部には粘膜疹がみられ、

しばしば溢血斑(いっけつはん)を伴うこともあります。

 

「 発疹期 」

その後、体温は1℃程度下がりますが、その後半日くらいのうちに再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、

発疹が出現、耳後部、頚部、前額部から出始め、

翌日には顔面、体幹部、上腕におよび2日後には四肢末端にまで広がります。

発疹が全身に広がるまでは39.5℃以上の高熱が続きます。

この時期には高熱が続き、カタル期症状が一層強くなります。

発疹期は発疹出現後72時間程度持続しますが、

これ以上長い発熱が続く場合には、細菌による二次感染の疑いがあります。

 

「 回復期 」

発疹出現後3~4日間続いた発熱は解熱し、全身状態、元気さが回復し、

カタル症状も次第に軽快してきます。

発疹は黒ずんだ色素沈着となりますが、一週間程で皮がむけるようにとれるとも

報告されています。

 

このように、麻疹の主症状は発熱が約1週間続き、カタル症状も強いため、

合併症がなくても入院を要することが少なくなく、

回復までには時間のかかる重症な病気といえます。

 

また、ワクチン未接種の女性が妊娠中に麻疹にかかってしまうと、

子宮収縮による流産を起こすことがあります。

 

妊娠初期・・・ 31%

中期以降・・・9%(流産または死産)

24%(早産)

 

予防としてはワクチンの接種があります。

大人でも麻疹のワクチン接種を受けたことの無い人も、

1~2回ワクチン接種を受けることでも予防策となります。

(マスクでは予防できません!!)

 

麻疹の抗体を持っているかどうかあらかじめ確認しておきましょう。

 

貧血

若いころから貧血の方や、症状はないけど貧血という方など、日本では貧血女子がたくさんいます。

どのくらいいるかというと、ちょっと古いデータですが、2015年の厚生労働省の調査によれば日本人女性の10人に1人は貧血です!
なかでも月経のある女性に絞ると5人に1人が貧血といわれています。

貧血というのは、ふらっとするという症状のことではなく、赤血球の量と質が低下している状態をいいます。
血液検査では赤血球の量だけでなく、ヘモグロビン、ヘマトクリットをしらべます。

また、隠れ貧血という、貧血もあるのをご存知ですか?
潜在性鉄欠乏のことを指し、貧血の予備軍ともいわれています。
貧血はヘモグロビンの値でみますが、この潜在性鉄欠乏は、貯蔵鉄と言って鉄がどれだけ貯蓄されているかをみます。
検査では、フェリチンという項目です。

鉄は全身に酸素を運ぶ大事なミネラルです。
妊娠したら母体だけでなく、胎児にも栄養と酸素を運ぶ為、鉄が必要になります。

ある研究によると妊娠初期から中期にかけて貧血でだった妊婦さんの赤ちゃんは低体重のリスクが1.3倍、早産のリスクは1.2倍になるといわれています。

そのため、妊娠中には貧血状態にならないようにしておかないといけないのですが、
鉄剤を飲み始めてから1~2か月くらいはかかりますし、赤血球が生まれ変わるのには120日、約4か月かかるといわれています。
そのため、妊娠が判明するころに飲み始めるのでは妊娠初期の貧血防止に間に合わなくなってしまいます。

鉄剤においては吐き気や胃の具合が悪くなる副作用があるものが多く、つわりで飲めなくなる場合があります。
先ほど隠れ貧血の時に調べてみてほしいといったフェリチンをしらべて、鉄を貯蔵しておくほうがより安心して妊活できるのではないでしょうか?

妊娠後期においても貧血だと、お産が長引いたり、産後の回復が遅くなるといわれています。

妊娠だけでなく、出産にも大事な役割をしていく鉄!
妊娠する前から鉄が不足しないように是非心がけてください。

 

口腔ケア

虫歯になって歯が痛まないと歯医者さんに行く事って少ないですよね。

どうしても虫歯を治療する時の痛いイメージがあって出来れば行きたくないですよね。

妊娠すると虫歯の治療が出来ないと思っている方は多いと思いますが安定期に入れば治療は出来るようです。

その時麻酔やレントゲンの影響が気になると思いますが虫歯の治療の為の麻酔は量も微量な為、影響を与える事はないそうです。

レントゲンも歯は子宮から離れている為、防御エプロンを着用すれば大丈夫だそうです。歯科医さんに妊娠の旨お伝えしましょう。

 

それでも気になる方は歯科医に通い経過観察しながら出産後治療をするのも1つの方法となります。

妊婦さんにとって大切なのは歯周病を防ぐということなのです。

妊娠している女性が歯周病にかかると早産及び、低出生体重児のリスクが高くなると言われています。

早産兆候があった妊婦の約半数に羊水から細菌が検出され、その30%が歯周病菌だったそうです。

歯周病が早産とどのような因果関係があるのかまだ解明はされていないようですが細菌による慢性炎症によりサイトカインや白血球が活性化し

プロスタグランジン等の炎症物質が多く放出されることにより陣痛が促進されるのが原因ではないがといわれているそうです。

妊娠前に虫歯が無かった方もつわり中は歯を磨くと気持ちが悪くなったり、嘔吐により口の中が酸性になったり、

まとまった食事がとれずちょこちょこ食べになったりして口腔衛生が乱れがちです。

安定期に入ったら1度口腔検診を受けられる事をお勧めします。

一般の方も一昔前は半年に1度は歯石をとった方がいいと言われておりましたが現在は3ヶ月に1度の歯石のケアが推奨されています。

妊活中からしっかり口腔ケアをすることはとても大切です。

 

産後歯がボロボロになったという話を聞いた事がある方もいると思いますが妊娠時のカルシウム不足の

為に歯からカルシウムを吸収する事はないそうですので妊娠時の口腔ケア不足による歯周病が原因であると言われています。

歯周病ケアをしっかりして80歳になっても自分の歯でご飯を食べられるように頑張りましょう!

 

 

がん検診

※がん検診は必ずではないのですが、近年若い女性の子宮頚がんなどが増えてきています。

妊活を行う前に検査を行うのが好ましいです。

 

がんの罹患率は40代から増え始めるそうです。女性が特に気をつけたい子宮頸がんや乳がんは40代がピークです。

 

国立がん研究センターでは、日本人のためのがん予防法を公表しています。

禁煙、節酒に加えて食事や適正体重の維持、身体活動など5つの健康習慣を実践した場合には

約40%女性ががんになるリスクが低下すると推計されています。

がんを予防するには、日ごろからの健康習慣を心がけることも大切です。

 

「がんを予防する5つの生活習慣」

(国立がん研究センター作成「科学的根拠に基づくがん予防」より抜粋)

 

1)活発な身体活動は大腸がん、乳がんのリスクを下げる。

毎日60分程度歩く身体活動に加え、息がはずんで汗をかく程度の運動を週に60分程度行うのが目安。

 

2)やせすぎ、肥満は乳がん、大腸がん、肝がん、子宮内膜がんのリスクを上げる。

がんになるリスクは肥満だけでなく、やせすぎも高まる。BMI値21~25の適正範囲になるように管理。

 

3)高塩分食品は胃がんのリスクを上げる。

塩分(ナトリウム)の摂取量とがんの因果関係は明らかになっていないが、塩分濃度の高い

食品の摂り過ぎは胃がんリスクをほぼ確実に増加する。

 

4)野菜、果物不足で食道がんのリスクを上げる。

食道がんだけでなく、胃がんのリスクも上げる可能性もある。

1日400g(野菜を小鉢5皿分+果物1皿分)を目安に毎日食べるよう心がけたい。

 

5)飲食物を熱いまま摂ると食道がんのリスクを上げる。

飲食物を熱いままとると口腔内や食道の粘膜を傷つけるので、食道がんのリスクがほぼ確実に

高まる。少し冷ましてから口にする習慣を。

 

最近、乳がんで亡くなった芸能人のニュース等を耳にすることが多かった気がします。

普段から入浴の時などにセルフチェックを行い、しこりなどの違和感がないか触診することも大事です。

マンモグラフィ検査は、月経後の方が痛みを感じにくいです。

 

子宮頸がんも20代から発症する方もいるので2年に1回の検診を受けることが大切です。

近年、検診結果の表示方法が変更になったため、「異常なし」以外の場合は、必ず受診して精密検査を受けましょう。

 

がん検診は、適切な時期と頻度で定期的に受けていくことが大切です。

「忙しい」「がんが見つかったら怖い」等の理由でがん検診を受けていない人もいるかもしれませんが、先延ばしにするほど受けづらくなります。

例えば、誕生日や記念日などに受けるようにすると習慣化しやすいでしょう。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

ページトップへ