ジネコプレコンフェスタに行ってきました|不妊鍼(はり)など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です。新宿駅(東京都)徒歩8分。

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お知らせ

ジネコ プレコンフェスタに行ってきました

お知らせ 2019年08月01日

先日、渋谷で開催された「ジネコ プレコンフェスタ」に行って来ました。

不妊治療の体験談、不妊治療専門院の先生のお話、妊活のためのサプリメントやお茶の提供などありました。最近のこういった妊活イベントに女性だけでなく、男性の参加もかなり増えてきていることに大変嬉しく思います。今回もご夫婦やパートナーで参加されている方が本当に多かったです。ただ、積極的にメモを取るのはやはり女性が多かったです。

 

今回のイベントの中で、妊活体験談として女優の加藤貴子さんがトークされました。

加藤さんは、現在48歳ですが、44歳1ヶ月の時に第一子(男)を出産、46歳10ヶ月の時に第二子(男)をご出産されました。

もともと結婚したら自然に妊娠するものだと思っていたのですが、8年経っても妊娠せず、42歳からの妊活スタートになりました。

ただ、それまで不妊に対する知識や意識が全くなかったため、「卵子の老化」のことも妊活を始めてから知ったので、42歳という年齢からのスタートをかなり悔やまれていました。

ご主人の精子の運動率も悪かったため、ご夫婦での生活習慣の改善に取り組みました。

 

*食事、口からバランスよく摂取

*毎日、45分のウォーキング

*ベジファーストで血糖値の上昇を緩やかにする

*飲酒したら、翌日から3日は空ける

*BMIを19〜23でキープ

*規則正しい生活

*眠りの質の改善、同じ時間に起きる

*楽しく笑って過ごす

 

こうした取り組みを1年間行い、なんと43歳で妊娠されました。残念ながら、初期の段階で流産してしまったのですが、ご夫婦の体質改善の成果が報われ、体外受精で第一子となる長男を44歳の時にご出産されました。

加藤さんがご自身の経験で、特にアドバイスされたことは「がんばらない」ということです。

妊活を続ける中で、妊娠できないという落ち込みや自己嫌悪感、妊娠している人への僻みなどネガティブ感情が沸き起こるのを抑制しすぎて、ポジティブな感情も起きなくなり感情の起伏がなくなってしまったそうです。何をするにも自分を裁くクセがついてしまいました。

そこで、がんばらないことにして、自分を褒めてあげることに切り替えたそうです。そうしたら冷え性がなくなったそうです!

また、ご夫婦で毎日45分のウォーキングをしながら不妊治療について話すようにしたこともよかったそうです。面と向かって話すとケンカ腰になってしまう話題も歩きながら前を向いて話すことでケンカにもならず、仲間意識が強くなり2人で頑張ろう!という風に変わったそうです。部屋に籠って深刻な話をするとより深刻になりすぎるので環境を変えて話すことも大事なようです。

 

不妊治療という問題は、徐々に社会にも認識されてきていますが、働く環境での理解度はまだまだ厳しいところが多いようです。

こういった妊活セミナーも増えてきているので、将来的には、不妊治療をしていることを応援、協力してもらえる社会環境になっていくといいですね。

ページトップへ