歯と口の健康週間|不妊鍼(はり)など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です。新宿駅(東京都)徒歩8分。

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

つわり中の歯磨き

ブログ 2019年07月03日

妊活を始める時に見落としがちなのですが

妊娠を考えた時、ブライダルチェックは頭に浮かぶと思うのですが、その他にも風疹の抗体検査、

虫歯のチェックも忘れずに行っておくと妊娠した時に慌てなくて良いと思います。

 

歯周病は早産や低体重児のリスクを高めてしまうと言われていますがそれだけではなく、

歯周病とは歯茎に感染が起きた状態なので常に免疫が働いている状態といえ、

着床の障害になるとも言われています。

妊活中から口腔衛生を保つ事は大切なのです。

 

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増加します。

エストロゲンはある種の歯周病原細菌の増殖を促すと言われています。

そのほか、プロゲステロンは炎症の元であるプロスタグランジンを刺激

するそうです。

これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30 倍になるといわれており、

妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるのです。

 

初期は初期で つわりにより食事の時間がままならなかったり、食事の回数が増えたり、

歯磨きすると気持ち悪くなったりして口腔衛生を保つのが難しくなります。

 

つわりの時期の歯磨き対策としては

 

・歯ブラシをヘッドの小さく毛先の柔らかいものに変える。

・歯磨き粉などは出来るだけ匂いの少ないものに変える。

・舌に当てないように磨く。

・後ろから前に引き出すように磨く

・歯磨き出来ない時はうがい薬などを使ってうがいをこまめにする。

うがい薬がない時(使いたくない時)はぬるま湯を使うと口の中の

ネバネバが抑えられるそうです。

 

 

虫歯の治療に使われるレントゲンはお腹から遠く、麻酔も部分麻酔のため赤ちゃんには

影響を与えないと言われています。もし、妊娠中に歯が痛んだら安定期中に治療をしましょう。

虫歯のチェック、歯周病のチェックもしておくと良いですよ。

 

 

 

 

 

ページトップへ