エラ・エマ・アリス|不妊鍼(はり)など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です。新宿駅(東京都)徒歩8分。

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お知らせ

着床率を上げる検査 エラ・エマ・アリス

お知らせ 2019年06月20日

 

どれも女性の名前に使用されているような可愛らしい名前ですね。

これらは全て健康な子宮環境を目指す先進不妊治療検査です。

3種類ありますが一回の検体採取で検査可能です

 

ERA( エラ)子宮内膜着床能検査

 

子宮内膜には着床に適した時期があるといわれていますが、

この時期は人によって異なります。

着床に適した時期を特定し最適なタイミングで移植をすることで

妊娠率を高めると言われています。

 

 

EMMA(エマ)子宮内マイクロバイオーム検査

 

子宮内の細菌の種類や量を測定し、バランスを見ます。

そのなかでも子宮内の乳酸菌の割合は着床に大きく関わってきます

子宮内の環境改善し、乳酸菌を増やすことによって妊娠率を高めるという検査です。

 

 

ALICE(アリス)感染性慢性子宮内膜炎検査

 

慢性子宮内膜炎は細菌感染によって起こります。

この慢性子宮内膜炎は不妊症患者の約30%

習慣性流産や着床不全の患者では約66%が罹患していると言われています

 

これらは妊活の一般的な検査ではなく一般検査にプラスして行なっていきます。

 

検査方法は、子宮内に細い管のようなものを挿入し子宮内部の一部を採取します

麻酔は使用しないことがほとんどですが

生理痛に似た痛みが多少感じられると言われています。

気になる方は鎮痛剤を処方することもできますので

医師にご相談ください。

 

 

着床に適したタイミングを知りたい人や

着床しやすいよう子宮内の環境を整えておきたい

子宮内膜炎と診断され適切な治療をしたい方など

子宮内に悩みを抱えている方におすすめしたい検査となっています

 

 

 

ページトップへ