じめじめ梅雨の時期におススメのツボ|不妊鍼(はり)など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です。新宿駅(東京都)徒歩8分。

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

じめじめ梅雨の時期におススメのツボ

コラム 2019年06月08日

6月に入り、梅雨の季節はじめじめとすっきりしないお天気が続いています。

梅雨の時期に体が重だるく感じられるのは、東洋医学で言うところの「湿邪」というものが関係しています。

気候の変化に伴って身体に影響を及ぼす様々な「外邪」というものがあり、「湿邪」はその一つです。

体が重い、頭がぼうっとする、または人により関節痛などを感じる事もあります。

そんな梅雨の時期におススメなのは、「陽池」「湧泉」というツボです。

 

★陽池

陽池は手のツボです。手の甲側、手首のライン上のほぼ中央で、少し小指寄りの窪みにあります。

身体には気の通り道である「経絡」というものがありますが、陽池はその経絡の中の「三焦経」のツボです。

三焦経は体内の水分調節をしてくれるので、梅雨の時期にはぴったりの経絡といえます。

 

★湧泉

湧泉は足のツボです。足の裏の真ん中、足をぎゅっと丸めた時に窪みが出来る場所にあります。

湧泉はとてもパワーのあるツボで、体内循環を改善してくれる万能ツボといわれています。

曇りや雨続きで空が暗い日が続くと、自律神経が乱れやすくなります。

朝すっきり起きられなかったり昼はぼうっとしたり、夜がなかなか寝付けなかったり…

なんとなく疲れがとれない日々に効果的なツボです。

 

湿度が高い上に寒暖差も激しくなりやすい6月は、一年の中でも疲れやすい月といえるでしょう。

加えて電車やオフィスなど既に強く冷房が入っている場所も少なくない為、自分で思っている以上に体は冷えてしまっているかもしれません。

なんだかエネルギー不足だな、と感じる日はツボを押したり温めたりして、すっきりと夏を迎えたいですね。

 

🍎Address:東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

🍐Tel:03-6887-2522

🍑Email:info@miyabi-shinyu.com

🍊10:00-19:00(平日)

🍋10:00-16:00(土、祝)

🍇定休日:日曜日

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

ページトップへ