貧血にヘム鉄|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

貧血にヘム鉄

ブログ 2019年04月24日

女性は生理もあるし、妊娠や授乳、成長期や更年期のホルモンバランスの乱れで貧血になりやすい

と言われています。

 

1日に必要な鉄分は約10㎎と言われています。貧血の人は12㎎を目標にすると良いと言われています。

鉄分が不足する鉄欠乏性貧血の場合、鉄分の摂取が必要になります。

鉄分にはレバーやお肉から摂れるヘム鉄と小松菜やほうれん草などから摂れる非ヘム鉄があり、

鉄分の摂取の効率を考えるとヘム鉄は摂取した量の約30%、非ヘム鉄は約7%しか吸収されないと

言われているのでヘム鉄を摂るようにする事が大切だと言われています。

 

どちらの場合も鉄分の吸収率を上げるにはビタミンCが不可欠だといわれています。

タンパク質と一緒に摂ることも良いとされています。

 

また、タンニンは鉄分の吸収を妨げるのでご飯を食べる時に一緒にお茶やコーヒーを飲むは止めた

方が良いと言われれいます。

 

鉄分はサプリなどに頼るのも有効だと言われています。

サプリの場合は赤血球の形成に必要なビタミンB12や葉酸も含んだものも良いかもしれません。

 

 

 

ページトップへ