P47 背中や肩をほぐしておっぱいをケア|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お知らせ

産褥期②背中や肩をほぐしておっぱいをケア

お知らせ 2019年02月04日

 

産後2、3日あたりから急に乳房が張ってきます。初産の方はその痛みに驚くかもしれません。

おっぱいの張りすぎや乳汁の詰まりは上半身の血行不良が原因の場合があります。

そのため、できるだけ肩や背中の筋肉はほぐしておきたいものです。

 

産後は布団で過ごす時間が長くなります。この時期ははとにかく横になって身体を休めることが大事なので寝たままできる上半身ほぐしの体操を気がついた時に行いましょう。

妊娠中もさることながら、子育てに肩こりはつきものだといわれていますがそのコリを放置し悪化すれば心身ともに大きなストレスになります。

知らず知らずのうちに猫背になったり、コリがひどく頭痛を引き起こしたりと肩に余計な力が入った時こそ上半身をほぐす力を身につけましょう!

 

肩甲骨には僧帽筋という首から肩に、背中にかけて大きく広がる筋肉が付着しています。

肩甲骨を動かすことでこの僧帽筋が伸び縮みします。それに伴い僧帽筋の血の巡りは活発になり、その血流の勢いで首や肩にたまった老廃物が押し流されます。

また新鮮な血液を巡らせることは質のよい母乳を作るものにも役立ちます。

 

~血液の巡りと質のよい母乳の関係~

母乳は乳房の根元から運ばれた血液が乳腺で乳汁に作り変えられることでできているためです。

血液が赤いのは、血液中の赤血球の色。

乳汁には赤血球が入っていないため白い色をしているのです。

 

体操方法

 

1)頭の下に枕を置いて、横向きに寝る。上側のヒザの下にタオルやブランケットを置いて、楽な姿勢を作る。ヒジで大きく円を描くようにして腕を回す。この時、肩甲骨から動かすように意識して、背中がほぐれるまで続ける。左右対称に行う。

 

 

ページトップへ