鍼灸治療後の注意点|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お灸女子

鍼灸治療後の注意点

お灸女子 2019年01月19日

 

鍼灸治療を受けるにあたって知っていただきたい事や注意していただきたいことがいくつかありますのでご紹介していきます。

 

*治療後の反応について

鍼灸治療後、場合によっては鍼灸の刺激量と患者さまの刺激に対する受けかたによって瞑眩(めんげん)と呼ばれる反応が生じることがあります。

この反応は体が刺激を受けて、それを感受して治ろうとする過程で起こるもので一時的に症状が変化したり、体がだるくなることがあります。

これは生体の正常な反応ですので、心配はいりません。

治療後は水分をとりできるだけゆっくりとお過ごしください。

 

治療の際の注意点

1、鍼をするとき痛みを伴うことがあります。我慢できないほどの痛みは遠慮せずにお伝えください。

2、お灸治療では熱さを我慢する必要はありません。お灸をしている最中に大きく動いたり、暑さを我慢されると火傷されることがあります。

熱さを感じましたらスタッフにお申し付けください。

3、鍼をすることで体調や体質によって内出血することがございます。ほとんどの場合数日~2週間程度で自然治癒いたします。

2週間以上たっても改善させずご心配な方は担当スタッフにご相談ください。

4、鍼灸治療をする際は空腹での治療は避けてください。貧血やめまいが起こる可能性があります。

5、施術後2時間は入浴を控えていただき、睡眠をたっぷりとってください。

6、治療の効果は、効果・体質によって効果発現までの時間に差がございます。お身体の状態を考慮しご相談のうえ施術計画をたててまいります。

7、当院では安心・安全の為に使い捨て鍼を使用しております。

 

 

 

 

ページトップへ