鍼灸治療の注意事項|不妊鍼(はり)など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です。新宿駅(東京都)徒歩8分。

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビル501

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

鍼灸治療の注意事項

ブログ 2018年12月21日

治療にあたっての注意事項

・ 当日、高熱であったり、飲酒されている場合はは治療できません。また、寝不足、満腹、空腹も避けてください。

・ 治療後の入浴・運動は1時間後であれば差し使えありませんが、倦怠感などが現れた場合、水分をしっかりとり、

早めに休養をとるようにしてください。

・ 当治療院では感染防止のため、刺激部位および手指の消毒などを徹底し、鍼は使い捨てです。

また、針を刺した後の穴は非常に小さく、すぐにふさがるので、細菌感染の恐れはありません。

鍼灸治療をする際には、直接、体に触れながら治療に必要な反応や情報を調べます。

お腹や舌などさまざまな部位の反応をみていきますが、不快に感じる場合には我慢せずに施術者にお伝えください。

・ 鍼灸の刺激は個人差があり、まれに不快感など痛みが生じる場合も施術者にお伝えください。

・  治療後に ふらつき、だるさ、めまい、発熱、痛み、しびれ等の症状がまれに出現することがあります。

これらの好転反応は一時的に、加えた刺激に過剰に反応した為に起こるものと考えられます。

だんだんつらい反応が出なくなることが多いのですが、何回か軽い刺激で治療し、経過を見ながらその人にあった刺激量に

変更していきますので、心配な点がありましたら遠慮なく施術者にご相談ください。

・  鍼治療により、ときに出血および内出血などが起こります。

薬または病気により出血しやすい方は前もってお申し出ください。

内出血は1~2週間程度でしぜんと治り、身体への悪影響はありません。

・  お灸治療は皮膚にやけどさせることを利用して体を治す治療法です。

熱いのを我慢せず、お灸の際に大きく動かないようにしてください。

・  治療効果は、病気の性質や原因、生活習慣、年齢、患者さん一人ひとりの刺激に対する感受性や反応する力によって

大きく異なります。慢性的な症状の多くは、治療効果が出るまでに比較的時間がかかります。

妊活においては卵の質が変わるまでは8か月かかるといわれています。

治療の期間が長ければ長いほど鍼も通う期間が長くなってしまう可能性があります。

妊娠されるまで不妊の原因や、生活習慣、医療介入など、個人差はありますので、はっきりした期間をもうしあげることは

むずかしいのですが、当院で妊娠されている方は数か月から2年ほどです。

私どもの経験ですと、3か月以内の方も多くいらっしゃいます、半年、一年とかかる方も少なくありません。

 

・  小児や刺激に過敏な患者さんには、主に皮膚をこする特殊な刺さない鍼を使い治療をおこないます。

・  置き鍼といって、シールと鍼が一体となった貼るタイプの鍼を使用することがあります。テープにより、赤くなったりかゆみを感じたりするときはすぐはずし、施術者にご相談ください。

・  体を温める際に用いる遠赤機器によりやけどを生じる可能性があります。

施術中は熱すぎると感じたら我慢せずに施術者にお伝えください。

・ 妊婦はドクターに施術の許可を得てから、施術いたします。

・  その他、気になることがあれば、気軽に施術者にご相談ください。

ページトップへ