12月22日は冬至です。|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

12月22日は冬至です。

コラム 2018年12月19日

 

冬至が近づき寒さがいよいよ厳しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

冬至といえばカボチャにゆず湯!

では、なぜカボチャとゆず湯がいいのか皆さんはご存知でしょうか。

 

~ カボチャ ~

カボチャを漢字で書くと【 南瓜(なんきん)】。陰から陽へ向かうことを意味し運盛りのひとつであります。

カボチャにはビタミンAやカロチンが豊富であり、風邪や脳血管疾患予防に効果的です。

本来のカボチャの旬は夏ですが長期保存が効くことから冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあります。

 

 

~ ゆず湯 ~

ゆず湯の由来は【柚子=「融通」がきく、冬至=「湯治」】。こうした語呂合せから、冬至の日にゆず湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。

昔は毎日入浴していなかったので身を清めていたと考える事もあるそうです。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには悪いことがおこらないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同様です。
また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

もちろん、ゆず湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。

さらに、芳香によるリラックス効果もあり冬を元気に過ごすことができます。

 

カボチャには免疫力をあげ、ゆず湯には温め血行をよくする・リラックスさせる・美肌効果と女性にいいことばかりですね。

毎年冬至を気にしていなかったというかたも今年は取りいれてみてはいかがでしょうか。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

 

 

ページトップへ