眼精疲労に効くツボ|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お灸女子

眼精疲労に効くツボ

お灸女子 2018年11月30日

眼精疲労とは、、、

現代病とも言われる眼精疲労とは、目の疲れとは違い、目を休めても解消されないことをいいます。

主に、

*目の充血・痛み *視力低下 *ドライアイ *頭痛 *視界のぼやけかかすみ *疲労感 *肩こり*吐き気など 

以上の症状が継続的に繰り返されます。

 

原因として、パソコンスマートフォンの長時間の使用があげられます。

また、コンタクトの装着やエアコンの風が当たる環境などで涙が蒸発し、眼が乾燥してしまうドライアイも原因と考えられています。

目の周りのツボを刺激し温めることで疲労を解消します。

また、目と女性ホルモンの関係は深く目の疲労を解消すると女性ホルモンにも良い影響があるといわれています。

眼精疲労が強い方は、首のこりも強いことが多いです。そして、首が凝っていると腰も硬いことが多いです。

首と腰は、自律神経の副交感神経が多く存在します。

首の神経から頭へのあらゆる神経が伸びているので、目が疲れると繋がっている首も硬くなり、同じ神経由来の腰も硬くなってしまうのです。

目の疲れをとることで、首、腰も緩みます。

 

 

攅竹(さんちく)

場所:眉頭すぐ下の骨のくぼみ

頭痛、腰痛にも効果があります。

晴明(せいめい)

場所:目頭内側の骨のくぼみ

目の充血、かゆみにも効果があります。

太陽(たいよう)

場所:こめかみ少し前方

頭痛、特に側頭部の痛みが強い時は、効果的です。

 

ページトップへ