ハロウィンといえばカボチャですが… |新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お知らせ

ハロウィンといえばカボチャですが… 

お知らせ 2018年10月30日

 

ハロウィンとは10月31日に行われるお祭りのことです。

もともとは秋の収穫を祝い悪霊などを追い出すという意味がありましたが最近ではここまでの意味を持たずお祭りを行う地域が増えてきました。

日本でも仮装して歩いたり、お菓子をもらいに行ったり、カボチャの中身をくりぬいて飾りにしているお家もありますね。

カボチャの中身は様々な料理に利用されているようです。

 

このカボチャにはどのような栄養素が入っているのでしょうか。

「 冬至にはカボチャ」と呼ばれるほど栄養満点であり大切な冬の定番野菜です。

一年中手に入るカボチャですが冬至に食べるのは甘みもありホクホクして美味しいと言われます。

 

 

カボチャには①βカロテンや②食物繊維、③ビタミンが多く含まれています。

 

①体内でビタミンAに代わるβカロテンは粘膜や皮膚の抵抗力を高める働きがあります。近年では生活習慣やガン予防にも効果があるといわれてきました。

 

食物繊維はカボチャの皮の部分に多く含まれており、善玉菌を増やして腸内環境を整え便秘を予防する効果があります。

また、消化に時間がかかるので腹持ちが良くダイエットにも良いと言われています。

 

③豊富な種類のビタミンのうち特に日本人の食事に不足がちで疲労回復に役立つといわれているビタミンB1

口内炎を予防すると言われているビタミンB2、コラーゲンの生成に欠かせないとされるビタミンC

血行を促進する働きのあるビタミンEなどがバランス良く含まれています。

 

カボチャの種には他にもタンパク質やカルシウム、鉄分やビタミンB群が含まれています。

 

この時期は皮膚が乾燥し肌荒れが起こりやすくなりますね。粘膜も弱くなりやすく風邪やインフルエンザにかかってしまいます。

子宮の内側を覆っている粘膜は子宮内膜です。粘膜は受精卵が着床するとても大切な部分に関わっているのがわかりますね。

また、便秘になると直腸が子宮を圧迫し血流を悪くします。これにより子宮はうまく働けず仕事をさぼってしまいます。

カボチャを食べ体を整え妊娠しやすい身体づくりをしていきましょう。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

ページトップへ