肩甲骨はがし|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お知らせ

肩甲骨はがし

お知らせ 2018年10月29日

11月のキャンペーンのお知らせです。

日本人は欧米人と比べると頭が大きいわりに首から肩の骨格や筋肉が華奢なため、肩こりしやすいと言われています。

 

そもそも肩周りはどのようなつくりになっているか、筋肉についてお話します!

 

< 僧帽筋(そうぼうきん)肩甲挙筋(けんこうきょきん) >

場所:肩が痛いと思い無意識にふれるところ、首の付け根。

肩こりからくる頭痛・猫背は、この筋肉が緊張状態にあることで痛みが出てきています。

寒くて縮こまった時や、寝違えた時の痛みの原因部分ともなります。

デスクワークで肩が上がっている状態の時もこの筋肉が影響してきます。

 

< 棘上筋(きょくじょうきん)棘下筋(きょっかきん) >

場所:肩甲骨の上についている筋肉であり、上部と下部に分かれています。

回旋筋腱板ともいわれ肩甲骨と上腕骨を結ぶところです。

主に肩を動かす動作に使われている筋肉ですが、デスクワークやスマホ依存になっていると方が内側に入りや

すくなり痛みがでてきます。腕を上げる、横に振る動作が辛い時は疲労が溜まっています。

 

< 小菱形筋(しょうりょうけいきん)大菱形筋(だいりょうけいきん) >

場所:肩甲骨同士を背骨寄せるように動かす時に使われる背骨と肩甲骨の間に存在する筋肉です。

猫背やストレートネック、姿勢のくずれが原因となり痛みがでてくる部分です。

 

このように猫背や姿勢の崩れがあると肩が内側に入り前かがみになってしまいお腹を圧迫してしまいます。

この状態が続いてしまうとお腹の血流が滞ってしまい硬くなり、子宮やお腹周りが冷えやすくなってしまいます。

寒くなり、肩をすくめて歩いていると、肩こりだけでなく、妊活にも良くありません。

肩こりを解消しお腹を温かく・柔らかく・元気にしていきましょう。

 

今月のキャンペーンは肩甲骨はがしです。

肩甲骨をはがす!?とびっくりされるかと思いますが肩甲骨にも動かしやすい体勢があります。

その姿位で肩甲骨を動かし周りに付着している筋肉を動かしていきます。

そうすることによって肩甲骨がスムーズに動き肩こりが解消していきます。

施術を行いながら自宅でも行える簡単なストレッチなどもお教えできますので是非お試しください。

 

肩甲骨はがしは1080円です。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

ページトップへ