妊娠中のおっぱいケア|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お知らせ

妊娠中のおっぱいケア

お知らせ 2018年10月19日

 

妊娠も中期に入り落ち着いてきた頃、妊婦検診ではおっぱいマッサージ(母乳ケア)を行っていきます。

 

おっぱいマッサージ!?まだ妊娠中なのにどんなことをするの?と不安になってしまいますね。

このおっぱいマッサージ、早くにケアしていくことがとても大切なのです!

 

まず、母乳育児のいいところは、

・成長に必要なたんぱく質・脂質・ビタミン類がバランス良く含まれている。

・母乳中に含まれる消化酵素は赤ちゃんの消化吸収を促す働きがある。

・細菌やウイルスに対する免疫物質が含まれており赤ちゃんの病気予防やアレルギー症状にもメリットがある。

・母乳を吸われる刺激で 子宮が収縮し、産後の母体の回復が促される。

・身体を密着させることで信頼関係が築ける。

 

などなど、母子に大切なことがたくさんつまっています。

 

また、母乳のでるメカニズムとしては、赤ちゃんが乳首を吸うことでその刺激が脳の下垂体に反応し、

乳汁を分泌するホルモン(プロラクチン)が働き母乳が作られます。

それと同時に乳汁を体から外に出そうとするホルモン(オキシトシン)も分泌され母乳がでるようになります。

 

妊娠の進み具合により、妊娠初期では乳腺が発達し、乳頭の突出・乳頭の色素沈着がなどがみられ、妊娠中期になると早い人では初乳がみられるようになり垢などが溜まってきます。妊娠後期になるとおっぱいがおおきくなり、青い線(静脈)が目立つようになるなどの変化がでてきます。

 

おっぱいケアの方法としては

1、入浴前、オイルなどを湿らせたガーゼを乳頭部分に10分~15分当てておきます。入浴時石鹸などは使用せずガーゼタオルなどの柔らかい生地のもので軽く拭き取ってください。

 

2、垢がでてきたら優しく取り除き乳管開通マッサージを行います。

 

これらを行う事によって産後はとても柔らかい乳頭になっており赤ちゃんも吸い付きやすくなります。

ケアを怠ってしまうとなかなか吸い付けず乳頭が切れて痛みがでたり、胸は張っているのに母乳が上手く出ず乳腺炎になってしまったりということがあります。

今から出来る事を始めてみてください。

 

また、マッサージをしている際にお腹が張ってしまう事があります。

お腹が張ってしまった時は一度休まれてくださいね。

 

次回、乳管開通マッサージをご紹介します。

ページトップへ