この時期からの乾燥ケア|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

この時期からの乾燥ケア

コラム 2018年09月13日

 

秋冬になってくると手や足、顔や髪など全身的に乾燥してきますね。

カサカサしすぎるとかゆみもともない肌を傷つけてしまう場合もあります。

オイルやクリームを塗ってみてもその場しのぎ…。なかなか持続してくれません。

乾燥の原因を見つけ解消させることが1番の改善方法になります。

 

まず、東洋医学では、乾燥は秋に分類し肺との関係性をもちます。

肺は呼吸や水分の代謝、免疫機能におおきな影響を与えています。

新鮮な気を吸いこみ全身を巡り、汚れた気を外にだす。この気が広がらないと全身の体表のバリア機能が弱まり肌に影響を与えてしまいます。

 

バリア機能が弱まってしまうと燥邪(乾燥で起こる邪気)が働き、水分が足りない状態を引き起こし肌の乾燥・蕁麻疹・咳や呼吸器系の症状が目立つようになります。この症状がでてしまっているということはすでに肺の状態が燥邪に侵されている状態にあるということを示しています。

 

秋になる前に予防をするにはその前の季節、夏からケアを行っていくとよいとされています。

 

夏のうちは長時間クーラーにあたり部屋が冷え乾燥している状態が続きプラス冷たい物を多く摂ってしまいます。

また、お風呂も熱くシャワーだけになっていませんか?

クーラーにあたってしまったあとは無理をしない程度に湯船につかりましょう。身体が温まりだるさの予防にもなりますが、浴室には水蒸気などが発生し肺を潤す効果もあります。入浴後はお肌をしっかりとケアしてください。

特に足の踵は骨盤や子宮の反射区とも考えられています。踵の部分がカサカサになってしまっている方は乾燥だけでなく身体の中の水分不足も表していると考え保湿+水分の摂取をしていきましょう。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

 

ページトップへ