梨の薬膳レシピ|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

梨の薬膳レシピ

コラム 2018年09月06日

 

夏の暑さも落ち着き朝夕は涼しく過ごしやすい陽気となってきました。

この頃になると空気が乾燥しはじめ咳や喉の辛さでお困りのかたが増えてきます。

これは乾燥に弱い呼吸器系がやられてしまうことが原因で起こるのですが、喉周りにダメージを与えてしまうと正しい量の酸素を吸い込むことが出来ず身体のバランスが乱れてしまいます。また酸素を取り込めないと血流が滞りホルモンバランスにも影響が出てきます。

今回はそんな時におすすめの薬膳デザートをご紹介していきますね。

 

用意するもの

* 梨   *ハチミツ  *氷砂糖

 

作り方は簡単です😋

①. ヘタの部分を蓋になるように切っておく。
②. 実の部分の芯をスプーンでくりぬき、氷砂糖3個程度。はちみつ(乳児はダメ)大さじ1でもいいです。ちょっと肌に寒気あるようなときは生姜を少し入れてもOKです。
③. ①の蓋をして、汁があふれるので深めの皿に入れて蒸し器で40~50分蒸す。柔らかくなり皮にヒビがはいってきたら完成。

*味付けにシナモン、ショウガに加えてなつめ、レーズン等を入れても美味しいです。ただし、シナモンや生姜は温める力が強いので、喉の痛みが強い時は避けてください

*梨は元々甘く出来ています。氷砂糖やはちみつを分量通りいれてしまうと糖分がおおくなってしまいますので、梨を温めそのままでもおススメです!

 

忙しい方には、電子レンジで簡単に出来る簡易型レシピもご紹介

①. 梨を一口大に切る。
②. みじん切りした生姜を散らす。
③. ハチミツをかける。(乳児はダメ)

④.ラップをしてレンジで3分加熱する。

 

梨には

生津潤燥(潤いを生み、渇きを癒す)

清熱化痰(余分な熱をとり、痰をなくす)

徐消渇(渇きを改善させる)働きがあると言われています。

いまある症状やこれからの予防にいかがでしょうか。

 

また、梨には冷やす性質があります。

胃腸が弱く軟便・下痢傾向の方、妊娠中・小児・高齢者のかたは生のままの食べ過ぎにはご注意ください。

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

ページトップへ