つわり中の頭痛|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

つわり中の頭痛

ブログ 2018年09月01日

つわりだけでも大変なのにつわりの時期って実は頭痛も起きやすい時期だと

ご存知でしたか?

 

妊娠中に頭痛になる要因としては

・ホルモンバランスの変化による自律神経の乱れによる血流の滞り

・吐気、嘔吐、眠気などつわりの不快感からくる痛み

・嘔吐による水分不足

・ストレス原因の食欲不振

・貧血

・寝不足

・体重増加による疲労

・赤ちゃんや子宮が大きくなるにつれて内臓が圧迫されることで血行が悪くなる

などという事が考えられます。

 

つわりは妊娠初期に赤ちゃんを受け入れる為にホルモンが大量に分泌され体を変えてゆく時期です。

ホルモンバランスが乱れやすいですし 嘔吐があると水分を吐き出してしまうので体が酸性に傾きます。

不快感からも不調が出やすくなるのです。

 

頭痛には大きく分けて気圧や気温により血管が膨張する事によって神経が圧迫されて出る片頭痛型頭痛と筋緊張などが原因で血流が滞る事によって起こる筋筋緊張型頭痛により痛みが出る場合があります。

痛い所を冷やして良くなるのは片頭痛型によるもの、温めて痛みが改善されるものは筋緊張型によるものと考えられます。

どういう時に痛くなるのか、どうすると痛みが治まるのかなどしっかりと確認する事が大切です。

 

妊娠中は複数の原因が組み合わさる事で辛い頭痛に悩まされる事になってしまうので

頭痛記録をつけることが原因の究明に役立ちます。

頭痛記録とは

・頭痛が始まった時間

・痛みが和らいだ時間

・痛みが始まる前の行動(考えていた事など)

・痛む前に食べたもの

・痛み出してからして楽になった事

など書き出す事によってストレスの原因になるものなどが明確になり、書く事で楽になった

例もあるそうです。

 

また片頭痛ではコーヒーを飲む事で痛みが楽になったケースもあるようです。

カフェインの摂取は妊婦さんも1日100gまでなら問題ないと言われています。

ドリップコーヒー1杯(150㎖)に100mg、インスタントコーヒー(150㎖)だと

65mgカフェインが含まれると言われています。

 

体調の変化はしょうがないと諦めないでまずは産科で相談されてみてください

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

 

ページトップへ