お灸のQ&A|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

お灸女子

お灸のQ&A

お灸女子 2018年08月29日

 

当院では施術後、ご自宅でのお灸の指導をしております。

そのなかで患者様からのご質問で特に多かったものをまとめてみました。

ご参考にしてください。

 

 

 

Q、お灸っていつしたらいいの?

A、朝、昼、晩いつのお時間でもかまいません。1番リラックスできる時間に行って下さい。

また、入浴前後30分、食事直後、飲食後、発熱時(日焼けなど)は全身の血行が良くなり、お灸の効果がうすれてきたり、やけどになりやすいので避けてください。

 

 

 

Q、お灸は毎日していいの?

A、毎日行う事が効果的です

1日のうちにたくさんして長い間あけるよりも少しずつ続けていくことが効果的です。

 

 

 

Q、やけどはしませんか?

A、いつも大丈夫なのにその日の天候や体調などによって水泡が生じることもあります。

熱さを感じたらすぐに位置をずらすか取り除く。

汗をかいていたり、皮膚が濡れている場合はふき取ってからお灸をする。

以上の事を注意していただければ、やけどを未然に防ぐこともできます。

*どうしても火を使う事に抵抗がある場合は、火を使わないお灸をおすすめします。

 

 

 

Q、お灸は熱いほど効果があるの?

A、お灸は熱ければ熱いほど効果があるというのではありません。

お灸がやけどするほどの熱さではなく、ほどよい温熱でツボをあたためることで効果があることから、

紙パイプの台座によって温熱をコントロールするせんねん灸が生まれました。

 

 

 

Q、忙しくて…。じっとしていなくてもできるお灸ってあるの?

A、火を使わないお灸は素肌に貼って衣服を着たままできるお灸です。

仕事中、移動中、子育てママ、また髪のはえぎわにも便利なお灸です。

 

 

 

Q、火を使うお灸と火を使わないお灸はどちらが効果的ですか?

A、どちらも効果は変わりません。ツボの位置やシチュエーションにあわせ、お選びください。

また、火を使わないお灸はなかなか温熱を感じないツボをじっくり温めたい場合にもおすすめです。

 

 

 

Q、お灸ってどのくらいすればいいの?

・初めての方は1つのツボに1日1回1個から行って下さい。

・症状にあわせたツボや痛みのあるところへ心地よいと感じる範囲内で行ってください。

・お灸のツボは血行不良を起こし、温熱が感じにくいポイントです。

温熱を感じるまで1つのツボに3個までを目安に、それでも温熱を感じない時は次の日に同じツボにしましょう。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

 

 

 

ページトップへ