クラミジア感染症|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸施術など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

クラミジア感染症

ブログ 2018年08月28日

 

不妊の原因となってしまう性感染症。

 

そのなかの1つ、クラミジア感染症は日本で最も多い性感染症であり特に若い女性患者が急増しているという報告があります。

 

主な症状は

・さらさらとしたおりものの増加

・不正出血

・下腹部痛

などがあげられますが症状が軽く自覚症状を認めない事が多いため感染が長期化してしまいます。

 

クラミジアに感染後は子宮頚管炎に始まり、子宮内膜炎→卵管炎・卵巣炎→骨盤腹膜炎と上行性に感染が進行していきます。

感染に気付づかす炎症が進んでしまうと骨盤腹膜炎よりさらに上行し肝周囲炎までもきたしてしまいます。

 

不妊や異所性妊娠、妊婦検診、激しい上腹部痛などで判明することもあります。

 

確定診断は抗原検査法としての遺伝子診断によって行われ、クラミジアに感染していた場合は抗生剤を使用し治療を行います。

 

 

治療方法があるのに、なぜ、クラミジア感染は不妊の原因となってしまうのか。

 

先ほどお話しましたがクラミジアは上行性に感染が進んでいきます。

感染が分かり治療できれはいいのですが自覚症状が乏しく長期化しやすくなります。

その際、卵管炎が長期化すると繰り返す炎症により卵管の内腔や卵管周囲に癒着が起こります。

この癒着がおこってしまうと卵管狭窄卵管閉塞などの卵子・精子の通過障害がおこり受精ができません。

また卵管内腔の上皮細胞に感染し炎症がおきると受精卵を子宮内に送る機能が低下し卵管内で着床(子宮外妊娠)してしまいます。

 

このようなことからクラミジア感染症は不妊原因の1つと言われています。

 

予防にはコンドームの使用、感染が疑われる相手との性的交渉を避ける、

男女間でお互いに感染してしまうので自身が感染してしまった場合は両者の治療が必須となります。

 

 

また、妊婦検診でクラミジア感染が判明することがあります。

妊婦中に感染してしまった場合産道感染により新生児に感染し、新生児肺炎や新生児結膜炎をきたします。

まれに絨毛膜半膜炎を誘発し流産、早産の原因となることがあります。

妊婦の感染も十分に注意しましょう。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

 

ページトップへ