PCOSとインスリン抵抗性|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

PCOSとインスリン抵抗性

ブログ 2018年07月23日

pcos(多嚢胞性卵巣症候群)の方の9割に排卵障害があると言われており、

排卵障害がある方の2~4割の方がpcosと言われているそうです。

 

pcosの定義とは

・月経異常

・多嚢胞性卵巣

(超音波検査で両側の卵巣に小卵胞(2~9mm)が多数見られ片側に少なくとも10以上見られる)

・血中男性ホルモン高値またはLH高値かつFSH正常値を示す

等で エコーや血液検査で確認出来ます。

 

原因ははっきりと解明はされていませんが内分泌異常、糖代謝異常が主な原因と考えられています。

治療法も確立されているわけではなく妊活中の方は排卵をうながすような治療となります。

なので原因とされている糖代謝の異常からアプローチをすることも大切です。

 

糖代謝の異常として考えられるのがインスリン抵抗性です。

インスリン抵抗性があると高インスリン血症を引き起こし男性ホルモン作用が強く表れpcoの症状を

もたらし内分泌に異常をきたし排卵障害の原因になると言われています。

甘いものは冷えを生じさせると言いますがこういった点でも妊活の敵になっているようです。

 

インスリン抵抗性とはインスリンが分泌されているにも関わらずインスリンの効果が出ていない

状態をいいます。

インスリン抵抗性があると筋肉や肝臓、脂肪組織の糖取り込み能が低下し血液中の糖が下がりにくく

なり血糖を正常に戻す為にはより多くのインスリンが必要になってしまいます。

この状態が続くと糖尿病をひきおこします。

 

血糖値を上げない食べ方など話題になっていますがこれも有効です。

GI 値(グラセミックインデックス値)の低いものを選ぶ、白米よりは玄米、うどんよりそば、はちみつ

よりメープルシロップを選んだり食べる順番をGI値の低いものから食べるようにするなどが大切です。

でも低GIのものは消化に時間がかかりますので暑さで食欲が落ちてる時などは胃の負担になってしまいますのでお気を付け下さい。

 

またインスリンの働きを元気にすると言われているゴーヤ、玉ネギ、菊芋、納豆、などを積極的に摂るのもお勧めです。

玉ねぎは辛み成分が大事なので火を加えずにスライスして生でお召し上がり頂いた方がいいと思います。

 

こちらもクリックしてどうぞご覧ください♪

↓ ↓ ↓

Instagram

twitter

Facebook

アメブロ

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ