続発性無月経|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

続発性無月経

ブログ 2018年06月08日

 

前回、無月経の種類についてお話しましたが

そのなかでもよくみられる続発性無月経について

詳しく話していきたいと思います。

 

続発性無月経の診断としては

血液検査で血中のホルモン値を検査し、どこが問題で無月経になってしまっているのか

障害部位を絞り込んでいきます。

 

PRL高値   →   高プロラクチン血症

LH、FSH高値  → 卵巣性無月経

LH高値 LH≧FSH → 多嚢胞性卵巣症候群

GnRH試験 →(+)視床下部性無月経

      →(-)下垂体性無月経

 

続発性無月経の原因は視床下部性が大半であり、

排卵障害の鑑別をすることが重要になります。

 

障害部位を絞り込んだあとは、無月経の重症度を調べます。

この検査をゲスターゲン試験といい黄体ホルモンを投与後、

効果が消失してくる際に出血があるかどうかにより

第1度、第2度無月経なのか判断します。

 

 

続発性無月経に至ってしまう原因としては、

減食による体重減少が最も多くみられます。

その他原因としては以下のことがあげられます。

 

①第 1 度無月経の原因は不明が最も多く、次に減食がみられる。

 

②第 2 度無月経の原因は減食が最も多く、第 1 度無月経に比較して体重減少が著しく

BMI が低いことがおおい。

③環境などのストレス、過度のスポーツは第 2 度無月経の危険因子であり,逆に,
肥満や誘因が不明である場合は第 1 度無月経である可能性が高い。

④無月経の期間を第 1 度無月経と第 2 度無月経で比較すると,第 2 度無月経の方が第
1 度無月経より無月経の期間が長い。

 

第 2 度無月経の危険因子として、一定限度以上の減食による痩せ

環境などのストレス、過度のスポーツなどが挙げられます。

また、長期に及ぶ無月経も第 2 度無月経の重要な危険因子であることがわかりますね。

 

治療は挙児希望のない場合、妊娠が不可能な場合はホルモン補充療法

挙児希望のある場合、排卵誘発を目指し治療を行います。

 

無月経の治療目的としては

①不妊の原因

②エストロゲン不足による骨粗鬆症

③子宮体癌発生の予防

④男性ホルモンの過剰症状

などがあります。

 

月経に関して気になることがありましたらご相談下さいね。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ