梅雨は甘い物にご注意を!|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

梅雨は甘い物の取り過ぎにご注意を!

コラム 2018年06月04日

先週から少し雨が降る日もありそろそろ梅雨入りしそうですね。

数日前から既に湿度が高く不快な気分の方も多いのではないでしょうか。

梅雨の頃はジメジメして億劫な気分にもなり

体の重だるさを感じたり、膝などの関節が痛くなったり、頭や腰の鈍痛など

湿度で心と体を憂鬱にさせますよね。

 

東洋医学的にいうと湿により身体を悪くさせるものを湿邪といいます。

 

湿邪の発生には

雨など外側から受ける湿以外にも

冷たい飲み物食べ物や甘い物などで内側から湿が発生します!

 

妊活に励む方であれば冷たい物を控えている方も多いと思うのですが

女性ならば甘い物に目がないと言っても過言ではないのでまさか梅雨に影響があるとは思いませんよね…

 

東洋医学的では甘い物を多く取りすぎると胃腸の消化吸収の働きを低下、

栄養を全身に運ぶ働きや全身の血液を調整する働きの低下、

体内の水分を調節する働きを低下させることで

下痢軟便食欲不振むくみ手足に力が入らない鈍痛、

おりものの量が多く粘り気が強くなるなど不調のサインが

出てきます。

 

梅雨で外側からの影響は自然のものだから仕方ないところはありますが

食生活の養生で身体を悪くさせないことも梅雨時期の体調不良を防ぐには

大切なことと思います。

とはいうものの、完全に甘い物を断つのは心も苦しくなるので

少し抑える程度から取り入れてみるのはいかがでしょうか!?

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

ページトップへ