自律神経の乱れは子宮に影響する⁉︎|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

自律神経の乱れは子宮に影響する⁉︎

コラム 2018年05月09日

GW明けから天気が崩れて気温も急降下…

外からの環境の変化で体を適応させるのに体も頑張って働いています。

 

気温などの体外の環境や体内の環境の変化に合わせて私たちの体が

調整できるようになっているのは自律神経のおかげであり

私たちの意識とは関係なく24時間休むことなく働いています。

 

そんなありがたい存在の自律神経は、当然、子宮にも影響します。

子宮は女性ホルモン以外にも自律神経からの調整で働いています。

 

子宮は筋肉でできているのですが、手足のように自分の意志で働く筋肉とは違い

無意識下で生理周期に合わせてしなやかに動くことで生理、赤ちゃんの布団となる子宮内膜をふかふかにして

生理による子宮のリセット、または妊娠、妊娠維持、出産が行えています。

 

ということは…自律神経が上手く働かないと生理不順、妊活・安産の妨げなど

子宮に与える影響はなんとなく理解できますよね。

 

そこで問題なのは自律神経の働きを乱す原因になるのは何かということですよね!

急激な天候気温の変化以外にも、スマホや仕事でのPC作業で目を酷使することや

精神的なストレス睡眠不足昼夜逆転の生活偏った食生活などの他に

既往の病気が原因のこともあります。

 

自律神経を乱す原因は、私たちの生活でも思い当たることがありますよね。

ここ数日の気温差でも自律神経が乱れやすくなっていますので、

体を温めて、心を休める時間を少しでも作ってゆっくりお過ごしくださいね♪

 

お読みいただきありがとうございました。

 

藤本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ