安産灸セミナー修了いたしました|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

安産灸セミナー修了いたしました

ブログ 2017年11月16日

今年の5月より始まりました安産灸セミナーの基礎講座第4回を修了致しました。

お灸について、妊婦さんについて色々学ばせて頂きました。

今回は逆子への対応で逆子の時期は切迫早産の時期と重なる為、はり止めを飲んでる

人には施術に注意が必要となる事を改めて教えて頂きました。

お腹が張る方けっこういるので妊婦さんはある程度お腹が張るものだって思って

しまってました。

でも、張り止めを飲むって別ものだったんですね。

張り止めの薬の効用の所には切迫流産の予防って書いてあるらしいです。

張り止め1日4回飲んでる人は入院と同じと考えていいそうです。

絶対安静です。

戸部先生曰く

「大切なのは妊娠37週迄お腹で赤ちゃんを育てて赤ちゃんの体重も2500グラムを超えて

母子共に健康で出産出来る事。自然分娩、無痛分娩、産み方などはその次に考える事」

とおっしゃってました。

逆子治して差し上げたい、経腟分娩させてあげたいと思っておりましたが

事前の問診をしっかりして院に来て頂ける状態なのか確認するのも

必要なんだと実感しました。

 

出産経験のないスタッフも本や教科書通りにはいかない妊婦さんへの対応を

学ぶ事が出来たと思います。

 

またお医者さんや地域の助産師さんと連携する大切さも学びました。

「妊活からお手伝いさせて頂き、その先の出産まで見届けたい。」

特に妊活が長かった方は妊娠しても不安が消え去らない場合も多いと思います。

無事にお子さんをその手に抱くまで一緒に頑張らせて頂きたいと思っております。

 

また産後どのようなお産になったか

お伺いすることで自分たちの知識と経験を高める事も必要な事だと教えて頂きました。

当院でも、37週の仕上げの治療の後に産後アンケートを作らせて頂きました。

どうぞ、ご協力お願い致します。

また、少しでも多くの方にアンケート用紙を渡せる事を心から願い奮闘して

参ります。

 

伊藤

 

 

 

 

 

 

ページトップへ