レッツ温活!!|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

レッツ温活!!

ブログ 2017年09月22日

みなさん、こんにちは(*^-^*)

 

9月も中旬を過ぎ、暦の上では「秋」ですが、気温はまだまだ25℃以上の日が続いたりして

夏なの? 秋なの? と微妙な時期ですね。

ただ、朝晩は気温も低くなり涼しくなってきました。

油断して薄着や布団を掛けずに寝たりして体調を崩したなんて方いませんか?

 

これから秋がやって来て冬へと変わっていきます。

今から秋冬に向けての冷え対策を始めませんか?

冷えがあると、体に様々な不調を来たします。

頚肩凝り、腰痛、生理痛、婦人科疾患など様々です。

とくに女性は男性より脂肪が多い分、冷えやすいのです。

 

そこで、レッツ温活!!

<温活その1—冷やさない服装>

季節に合わせた肌着の着用や腹巻をする。

足の冷えは大敵なので、レッグウォーマーや長い靴下で足首を温めたり、5本指ソックスで足の間を刺激して血行を良くする。

寝る時に寒くて靴下を履いて寝る方がいます。

もちろん寒すぎて寝付けないのであれば靴下を履くのは良いと思います。ただ、締め付けすぎると逆に血行が悪くなってしまいますので

ゆるいゴムの靴下を履くなど工夫するとよいと思います。

 

<温活その2—湯船に浸かって自律神経を整える>

38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かる。

人は、体温より4℃程度高いお湯に入ったとき快適さを感じると言われています。

41℃以上の熱いお湯は、自律神経の交感神経という活動モードのスイッチを入れてしまうので逆効果です。

ぬるめのお湯で副交感神経優位のリラックスモードに切り替えましょう。

入浴剤を入れてバスタイムを楽しむのもいいですね。

炭酸入浴剤は、炭酸ガスが皮膚から浸透し、その泡が毛細血管を拡張させるので血行促進に効果的です。

 

<温活その3—道具を使って温める>

湯たんぽやカイロ、ホットタオル、ドライヤー、火を使わないお灸などを頚の後ろや肩甲骨の間、腰(仙骨)、足首、太ももなどに

当てることで物理的に身体を温めていきます。

特に足の冷えは大敵です!

例えば、内くるぶしの後ろの「太渓」というツボや、足の裏の中心に「湧泉」というツボがあります。

そこにカイロや火を使わないお灸(太陽、世界)を当てると効果的です。

来月はお灸のキャンペーンも予定しています!

 

夏の終わりのこの時期から秋冬に向けての冷え対策として温かい体作りをしていきましょう!!

レッツ温活です!!

 

大平

 

 

 

ページトップへ