台風と妊婦さん|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

台風と妊婦さん

ブログ 2017年08月31日

みなさん、こんにちは(*^-^*)

 

現在、台風15号が関東に近づいてます。

妊婦の方で、台風が近づくとおなかがいつもより張ったり、つわりがひどくなったことはありませんか?

これは、台風の気圧が関係していると考えられます。

台風というのは低気圧のかたまりで、風力が強いです。

その強い低気圧に包まれると大気の気圧は当然ながら下がります。

その下がった気圧に妊婦さんの身体が影響を受けることでお腹に張りが出てしまうのです。

 

Qなぜ気圧が下がると、妊婦さんの体調に影響が出るのでしょう?

これは自律神経が関係しています。

自律神経とは、無意識に身体の機能を調整する機能のことで、

交感神経(活動モード)副交感神経(リラックスモード)のバランスによって身体の健康を正常な状態に保っています。

ですが、台風の影響で気圧が低くなってしまうと一般的に副交感神経が活発的になるため、

血管を広げ血流が良くなります。筋肉も緩みます。

そのため、お腹もいつもより張ってしまうというわけです。

 

また、台風が及ぼす低気圧の影響はお腹だけでなく体全体にも及ぼします。

特に妊娠中というのは、体内の水分量も通常より増加しているため気圧の変化にも敏感になっています。

普段はそれほどつわりが酷くなくても台風が近づくことで、

身体の水分が上手く循環されずに悪化してしまうというのはよくあることです。

もちろん、台風が過ぎ去れば元に戻りますが、より早く改善するためには、

水分代謝を良くするために適度に汗をかいてその排出した分を補給することです。

妊婦さんの身体では激しい運動はできませんので、
軽めのストレッチや38度位のお風呂に浸かると比較的お体にも負担なく、

適度に汗を流すことができるのでお勧めです。

 

今日は、雨が降って気温も低いので、身体を冷やさないようにしてくださいね。

 

大平

ページトップへ