静心自然涼|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

静心自然涼

コラム 2017年08月12日

中国言で、「心が静かなら、おのずと涼しくなる」という意味があります。

夏はのエネルギーが強くなり体内に熱がこもりやすくなり、身体のエネルギーや水分を多く消耗します。この状態が続くと血はドロドロになり、

心の疲労(循環器の不調)を招きやすくなります。

 

心の働きが衰えると、身体の隅々に十分な血液が送られなくなり、意識がもうろう(熱中症)となったり、狭心症や動脈硬化などが現れます。

生活習慣病がある方は特に注意が必要な季節です!!!

 

身体にこもった熱を冷ますためには、15分程度の軽い運動(涼しい時間のウォーキング・ヨガ)やぬるま湯にゆっくりつかり汗をかくことでダルさがとれて体が少しスッキリします。

 

しかし、屋外やあまりにも暑い室内においては、暑さによって必要以上の汗をかいてしまう事で、気を消耗する為、イライラしたり不眠を引き起こすこともあります。

 

炎天下でのお仕事やアウトドアを楽しむ際は、水分補給だけではなく、日傘や帽子などを使い直射日光(気の消耗)から身体を守りましょう。

またレモン(ビタミンC)やミントを入れたお水や経口補水液などで、

熱中症対策を徹底しましょう。

 

夏の時期は、せかせか・イライラしがちですが、

ゆっくり」「穏やかにすごす」を心がけ涼しく過ごしましょう。

ページトップへ