尿たんぱく(妊婦)|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

尿たんぱく(妊婦)

ブログ 2017年05月18日

妊婦さんの

尿たんぱく」についてお話したいと思います。

 

<原因>

自分の血液に加え、

赤ちゃんの血液も一緒にろ過しているいため

妊娠前よりも沢山の血液をろ過しなければなりません。

腎臓にとってかなりの重労働です。

 

たくさん働くほど腎臓の機能は低下しやすく、

ろ過がうまくいかなくなって

尿にたんぱく質が混じりやすくなります。

 

また、運動不足になるほど、腎機能は低下するので、

尿たんぱくが出やすくなります。

 

±は、プラスが疑われるということです。

1+に近い状態です。

妊娠中は尿たんぱくが出やすいですので、

一時的に出た可能性もあります。

 

<改善方法>

 

・塩分を控える

 

・糖分を控える

 

・カロリー管理をする

 

・適度な運動

マタニティーヨガやウオーキングなどは

全身の血行を促進し、

心身のストレスを軽減させてくれます。

 

・水分摂取

水分が足りないことで陽性になることがあります。

血液をサラサラにしてスムーズに子宮・胎盤に送ることが、

赤ちゃんに必要な羊水をつくると事な役割があります。

 

このように妊娠中は尿たんぱくがでやすいですので

プラスが出ても心配しすぎないで、

食事や軽い運動で、予防していきましょう。

 

斉藤

 

ページトップへ