着床障害|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

着床障害

ブログ 2016年10月07日

 

こんにちは!保谷です。
今回は着床障害についてお話ししていきたいと思います。

 

着床とは、受精卵が分割しながら卵管から子宮内に入り、子宮内膜にもぐりこむまでの過程を言い妊娠成立となります

受精後(発生)6~7日頃から始まり、発生12日頃に完了します。

 

この着床に問題があり妊娠しなしない場合、原因は大きく2つに分けられます。

 

ひとつめは、子宮腔に着床を妨げる子宮筋腫やポリープのようなものができる器質的な問題です。

その大きさや位置によっては着床しにくくなることがあります。

 

子宮筋腫…子宮筋層を構成する平滑筋に発生する良性腫瘍で、増大にエストロゲンが関与するエストロゲン依存性疾患のこと。

婦人科疾患のなかで最も多い。

 

ポリープ…子宮内膜から内側に向かってキノコのように突出している腫瘍のこと。

はっきりとした原因はわかっていませんが、女性ホルモンや細菌感染の影響とも言われる。

 

これらは、超音波検査、MRI、子宮鏡などの検査で診断します。

治療としては、手術療法や薬物療法を行います。

 

また、双角子宮や重複子宮、単角子宮など生まれつき子宮の奇形がある状態であったり

子宮腔で癒着がある場合でも着床がしにくいといわれています。

 

流産や中絶を繰り返し子宮内膜が薄くなり、内膜の厚さが6ミリ以下になると妊娠することはむずかしくなります。

 

 

ふたつめは、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンの問題です。

 

通常、卵胞ホルモンによって子宮内膜は厚くなり、黄体ホルモン(黄体ホルモンは排卵後にできた卵巣内の黄体から分泌されます)により受精卵が着床しやすい状態になります。

この黄体ホルモンの分泌が十分に働いていないと、子宮内膜が厚くならず着床に適した状態になりません。

(器質的な問題のところでお話しした様に内膜の厚さが6ミリ以下になると妊娠がむずかしくなるといわれています。)

これを、黄体機能不全といいます。排卵日から次の月経までの日数が10日以下の時に黄体機能不全と考えたほうがよいでしょう。

 

黄体機能不全に対しては、黄体ホルモンの飲み薬や注射、hcg(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の注射などが行われます。

 

 

着床障害ではホルモンバランスを崩さないことが大切です。

ストレスや睡眠不足、暴飲暴食、喫煙には注意してください。

また、ホルモンバランスを整えたり、病院では検査をしない冷えや、骨盤の歪みを取ることも着床しやすくします。

着床しづらい場合は、是非鍼灸や骨盤矯正をしてみましょう。

 

 

 

ページトップへ