東洋医学で不妊のタイプを知ろう|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

東洋医学で不妊のタイプを知ろう

ブログ 2016年09月29日

東洋医学では「異病同治」と呼ばれるように違う病気にかっかている人でも同じ治療を行う場合があります。逆に「同病異治」といって同じ病気でも違うアプローチをすることがあります。それは東洋医学では病気の起こる原因を大まかに「気」「血」「水」の不足であったり、詰まりであったりと考えてその原因を取り除く事に重きを置く事に由来するからと思われます。

同じ不妊症であっても何が原因でそうなっているのかタイプに当てはめてみてはいかがでしょうか

まずは

「気」が不足してしまったタイプの人

身体を温める力が低下している為冷えが強く、気が頭にいかない為頭痛もあります。腹部にも力がなく寒くなると頭痛、生理痛が悪化します。このタイプの人はとにかく冷えを避ける為に毎日お風呂で身体を温めることが必要です。身体を温めるには筋力も必要になります。ウォーキングなどで筋力アップをはかりましょう。

 

「血」が不足してしまったタイプの人

めまいや立ちくらみがあり、疲れ易く、胃が弱い傾向にあります。このタイプの人は果物や生野菜(サラダ)を好む傾向がある為タンパク質、鉄分を取りいれたバランスの良い食事を意識的に取るように心掛けないといけません。

 

「気」が滞ってしまったタイプの人

「気」は滞っていても身体を温める事が出来ません。冷え症なのにのぼせのある人はこのタイプと言えるでしょう。お腹には張った感じがあり、、腰痛もあります。気が不足してしまった人の月経血はサラッとしてるのに対し気が滞ってしまった人の月経血は黒っぽく血の塊が出ることもあります。このタイプの人は気の滞りによって血の滞りも引き起こしている為、両方を巡らす力が必要となってきます。バランスの良い食事と適度なスポーツ両方によって補っていくことが大切です。

 

「血」が滞ってしまったタイプの人

生理前にイライラしたり、冷え、のぼせ、頭痛、肩こり、腰痛、吹き出物が悪化する人はこのタイプです。こちらのタイプは油ものや甘いもの、味の濃いものを好むので、薄味の食事を心掛けましょう。見た目に元気があって体力もあるようにみえるのがこのタイプですが心をゆっくりと落ち着かせる時間を持つようにすると良いでしょう。

 

余分な「水」が多いタイプの人

汗をやたらにかくのに冷え症な人はこのタイプです。下肢がむくむことも多く膝関節に水が溜まってしまう場合もあります。このタイプの人は水分や体を冷やす果物を取り過ぎている場合が多いです。どうしても果物を取りたい場合には冬のリンゴ、みかん、イチゴ等をとり食べたいストレスを溜めないようにしましょう。ただし沢山食べては駄目ですよ。

 

どのタイプにも当てはまらない、またはどのタイプにも当てはまるような気がする方もいるかもしれません。早寝早起きをしてバランスの良い食事をし適度な運動を取りいれるということが体質の改善にはかかせないのですが、どこからアプローチするのが一番よいのか考えるためのタイプ分けと思って頂けると良いかと思います。

 

伊藤でした。

 

 

 

ページトップへ