白湯の飲み分け|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

白湯の飲み分け

ブログ 2016年07月26日

こんにちは。なかなか梅雨が明けず、過ごしやすい日が続きますね。

うっかり風邪をひいてしまいました。武石です。

今日は白湯の飲み方について面白い記事を読みましたのでご紹介します。

年々注目されている白湯ですが、湯冷ましとの違いと、どんなふうに使うといいのか・・・ちょこっと掲載します。

 

まず、白湯と湯冷ましの違いです。

白湯は消化力をアップして体内を活性化させる作用があるようで、湯を沸かして65℃以上(目安はフーフーしないと飲めない温度)でのむ。

湯冷ましは800mlをなべにかけてふたをしないで10分以上わかして常温までさましたものをいい、体の熱を取り、水よりも消化に良いそうです。

 

症状別には生理痛・ホルモンバランスの崩れにはアツアツの白湯を1日500ml数回に分けて飲むとよい。

ホットフラッシュ・のぼせ、発汗には600ml以上の湯冷ましを一日かけて飲み切るとよい。

便秘には食中・寝る直前にアツアツの白湯200mlをすすりながら飲むと良い。

目覚めがわるい、食欲不振の時は寝る直前にアツアツの白湯200mlをすすりながら飲むと良い。

偏頭痛・緊張型頭痛は600mlの湯冷ましを一日かけて飲み切る

頭全体を締め付けるような頭痛は食中・食間に200mlの白湯をボーっとしながらのむとよい。

 

以前、妊娠するには一日2Lの水を飲むと良いと書いた本がありましたが、水も温めたり覚ましたりすることでまた効用が変わるのですね。

この時期は冷たいものを飲みやすい時期ですが、水分補給について考えてみるのもいい機会ですね。

 

ページトップへ