妊活の為の食事|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

ブログ

妊活の為の栄養素

ブログ 2016年05月25日

日々私はよく治療中、皆さんに今日の夕飯は何ですか?と聞きます。妊活中のみなさんはとても食事にも気を使ってらっしゃいます。

特に妊活だろうが何だろうが、生きていく上で食事はとっても大切ですよね。

今日は特に気を付けて取り入れてほしい栄養素と取りいれてほしくない栄養素をお知らせします。

まずは、月経不順や無月経の方々にとって、とても大事な栄養素です。

ビタミンEとコレステロール

コレステロールなんて女性にとってはえっ?と思われるかもしれませんが。

ビタミンEは女性ホルモンのバランスをサポートしてくれます。また自律神経の乱れを改善してくれます。

また血流を改善しストレスの素となる活性酸素を取り除いてくれます。

コレステロールは性ホルモンなどの材料となるホルモン、胆汁の原料、血管を保護する役割をします。

コレステロールが大事だといっても当然善玉コレステロールの摂取です。

とってほしくないものとしてはトランス脂肪酸といわれる不飽和脂肪酸の一種です。

マーガリンやショートニングなどに多くふくまれていますので、時折食すおやつなど気を使ってみてはいかがでしょうか。

次に内膜が薄いと気にかけている方の栄養素。

亜鉛、鉄+ビタミンE

亜鉛には着床や、受精卵の細胞分裂の働きを助ける作用があるようです。調べてみると亜鉛は色々な食材に少しずつ含まれているのですが難しいようでしたらサプリなどでも。推奨摂取量は15mgとのことです。

次に昨今気になるのは多嚢胞性卵巣症候群の方に必要な栄養素。

皆さんがよく摂取されている葉酸。このなかに含まれるピニトールといわれる成分が効果的なようです。

これらは血糖値もさげるので妊娠後も摂取したい必須の栄養素ですね。

みんなそれぞれになんとなく良いと言われて摂取されている方も多いいですが。

バランスよく色々と心がければ済むことですが、それぞれの自分自身に必要な栄養素は押さえていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ