『閉蔵』|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

『閉蔵』

コラム 2016年01月19日

冬の3ヶ月を「閉蔵」といいます。これは、 万物が静かに閉じこもり沈み消極的になるということです。
消耗した陽気を回復させる季節となり、寒さから身を守り静かに過ごすことが必要です。
寒さを防ぐことや、消耗した生命力を回復して各機能を修復することで 翌春からの活動力の基礎を作ります。ここで重要な働きをするのが腎です。
腎は、人が生まれつき持っているエネルギーである「先天の気」を 保管する役割があります。「丹田」と呼ばれる場所で腎が持つ「先天の気」と、呼吸や食物から作られる「後天の気」を結びつけて人の精神力である「真気」を作ります。
「丹田」は腎を支える働きを持ち、心と身体の結び目なので、ここが安定すれば精神力を増すことができます。
疲れた時は目を閉じて、肩の力を抜きながらゆっくりと腹式呼吸をします。 そして「丹田」から発せられる自然の言葉に耳を傾けて任せることが重要です。

 <今月のアロマ>

  • 陳皮〈チンピ〉
    マンダリン、温州みかんの皮を乾燥させたものです。
    咳と痰を取り除く作用や消化促進、健胃効果のほかに血流改善や 毛細血管強化と抗アレルギー作用のあるヘスペリジンが含まれています。

*ヘスペリジンはみかんの実よりも皮や袋、すじに多くあります。(袋は50倍、すじは300倍)

ページトップへ