養腎防寒|新宿駅(東京都)徒歩8分。不妊鍼(はり)灸治療など、女性疾患ケアを専門としているみやび鍼灸院です

女性専門 新宿の不妊鍼(はり)灸治療 【みやび鍼灸院】

女性専用 完全予約

診療時間 月曜~金曜
土曜
10時~19時
10時~16時

休診日 日曜

ご予約・お問い合わせはこちら
  • お電話でのお問い合わせ
  • Web予約24時間受付
メールアドレス:info@miyabi-shinkyu.com

コラム

養腎防寒

コラム 2015年12月19日

「養腎防寒」

これから寒い季節になりますが、自然界では草木は枯れ、動物は冬眠状態となります。この大自然に生きている人類は、体の陰陽消長が緩慢状態になっていき、体を休ませる時期に入ります。養生として五臓六腑から運んできた物質を貯蔵するために腎の働きが活発になります。

腎は生命を維持するエネルギー源の「精」を蓄えて

いる器官です。腎の働きが活発になれば生命力も強くなり、元気に冬を乗り切れるのです。

 

<今月のハーブ>

シナモン

漢方にも用いられ、桂皮(ケイヒ)は体表部や経路を中心に作用し、桂枝(ケイシ)は主に腹部の臓器を温める作用があります。毛細血管の修復力が高く、冷えやムクミに効果的ですが、妊娠の可能性のある時は使用を控えましょう。

 

今月の香り「サイプレス」

サイプレスは日本名が「糸杉」で、ゴッホの「糸杉の道」で描かれている杉の木です。

サイプレスの学名“sempervirens”は「永久に生きる」という意味を持つほど腐朽しにくく、神聖な木として扱われてきました。

また、地中海に浮かぶキプロス島では、古来よりサイプレスの木を崇めており、島の名前の由来となっています。

香りは森林浴を思わせ、透明感があり、心を落ちつかせる作用があります。
ホルモンバランスを整えて月経周期を規則正しくする働き体液(津液)、血流(血)の調節をしてくれるので、ムクミなどの不快な症状の緩和にも有効です。
また、喘息や気管支炎を和らげ、辛い咳を沈める効果があります

ページトップへ